バイク好き集まれ!

バイクが便利すぎる!

雨の日のバイクの運転について

雨の日は、バイクはあまり運転をしないほうがいいでしょう。
なぜなら、車と違って屋根がついていないので、そのまま雨の中を走らなくてはいけなくなるからです。
全身がびしょ濡れになりますし、視界も非常に悪くなります。
ヘルメットにはワイパーもついていませんから、水に濡れるとどうしても視界がぼやけてしまうのです。
人が飛び出してきても分かりにくいですから、大変に危険ですし、何よりもスピードを出せば出すほどスリップもしやすくなります。
濡れたマンホールは非常に滑りやすいですから、気をつけなくてはいけません。
体が濡れると、体力の消耗も非常に大きくなってしまいます。
長時間の運転はやはり、天気のいい日に行うべきで、雨が降った時には公共の交通機関を利用するようにしましょう。
実際、バイク事故の多くは天気の悪い日に起きているというデータもあるぐらいです。
電車やバスでゆっくり行くと濡れなくて済みますし、たまにはいいものです。

雨天でバイクを運転するときにはブレーキングに注意

雨の日には、バイクに乗っているといろいろと怖いことがあります。
まず、路面が非常に滑りやすくなっているので、ブレーキングは慎重に行わなければいけません。
二輪車は四輪車と違ってスピンをすることすらできずに、バランスを崩してしまえば即転倒だということを忘れてはいけないのです。
マンホールや鉄板の上は濡れているととてもよく滑ります。
こういったものの上で曲がったり、ブレーキングをしたりするとツルッと行ってしまうので要注意です。
雨が目に入って前が見えなくなる可能性もありますから、ヘルメットのバイザーはしっかり閉じておくといいです。
ただ、冬場にバイザーを閉じておくと息で曇ってしまうので、少しだけ空けて換気をする必要は出てきます。
冬の雨に体が濡れると大変体力を消耗しますから、水を通さない素材の手袋やウェアを揃えておくことも重要です。
車とは違って色々面倒なことが多いですが、晴れの日にはその分気持よく走ることができるのでイーブンでしょう。

注目サイト



最終更新日:2020/4/2


TOP↑



『バイク 雨』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/wb2651pm/mangaviews.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17